MENU

脱毛の種類と方法

脱毛の種類と方法について、

 

脱毛をしたいと思っても、いろいろな種類があるので何が自分のニーズにあったところなのか
はっきりと判断することって難しいですよね。
このサイトでは全身脱毛・部分脱毛など様々な脱毛サロンと
クリニックでの医療脱毛をできるだけわかりやすく解説します。

 

 

まず、脱毛サロンの光脱毛と医療機関でのレーザー脱毛について

 

光脱毛・・・主に脱毛差路名で行われる脱毛方式です
代表的な脱毛方式にIPL脱毛とSSC脱毛があります。
IPL脱毛もSSC脱毛もどちらも「光脱毛」と言われていて脱毛効果はほぼ同じと言われています。

 

IPL脱毛のIPLとは「intense pulsed light(インテンスパルスライト)」の略です。

 

IPLという特殊な光をあて、毛根などのメラニン色素に反応させて、
毛の成長のもとになる毛乳頭に熱を加えます。

 

毛乳頭は光による熱ダメージを受けると毛を再生する力が
抑えられ脱毛の効果を発揮するという仕組みになっています。

 

これは医療機関で行うレーザー脱毛、医療脱毛と同じ仕組みです。

 

ただIPL脱毛は医療脱毛で使用する脱毛器よりも光の出力よりも弱いので
医師以外のエステティシャンでも取り扱うことができるのです。

 

 

 

SSC脱毛のSSCとは「smooth skin control(スムーススキンコントロール)」の略です。

 

IPL脱毛やレーザー脱毛と同様にメラニン色素の反応する特殊な光を照射し脱毛しますが
一番の違いは、SSC脱毛は脱毛箇所にジェルを塗ります。

 

ジェルには抑毛成分が含まれていて、ジェルの上から光を照射すると
肌に浸透し光とジェルの抑毛成分の相乗効果によって脱毛していきます。

 

IPL脱毛よりも痛みが少ないという特徴があります。
特に、肌の色が濃い人はメラニン色素が多いためIPL脱毛だと痛みが強くなる傾向があります。
産毛はSSC脱毛のほうが良い
産毛は毛根も小さくIPL脱毛だと上手く光で熱を加えることが出来ない可能性が高いです。
SSC脱毛は光と一緒に抑毛成分があるジェルを肌に浸透させるため産毛にも効果が期待出来ます。

 

IPL脱毛とSSC脱毛まとめ

 

・IPL脱毛とSSC脱毛の効果はほとんど変わらない。
・IPL脱毛は肌の色が濃い人のほうが痛みが強くなる
・背中などの産毛にはSSC脱毛のほうが効果アリ

 

 

 

 

レーザー脱毛・・・主にクリニックと呼ばれる医療機関で行われる永久脱毛のこと。

 

レーザー脱毛は「医療脱毛」と呼ばれ、医師のみが施術出来る医療行為です。
レーザー脱毛とは黒色や茶色など特定の色や物質にのみ反応する
波長を持ったレーザーを照射することによって、メラニン色素のような黒い部分が光を吸収します。

 

その光が熱に変わる、熱反応という性質を利用して毛根や毛を破壊して脱毛するいう脱毛方法なんです。

 

光脱毛より短時間で処理出来る

 

 

光脱毛とレーザー脱毛は根本的な原理は一緒の脱毛方法です。
しかし、光脱毛は医師の免許がないエステティシャンが施術するため、
光の出力が制限された機器を使用します。

 

 

光脱毛より高出力のレーザーを発生させることが出来るレーザー脱毛は
処理時間が短いため体に掛かる負担を抑えることが出来るというのが特徴です。

 

また、トータルでの処理回数も光脱毛より少ない回数で
永久脱毛出来るので出来るだけ短期間で永久脱毛したい人向きの脱毛方法なんです。

 

レーザー脱毛の種類

 

レーザー脱毛と一言に言っても施術を行う医療機関や人によって
使用する脱毛機械は様々です。

 

ここでは日本で使用されている王道3機種をご紹介します。
これからレーザー脱毛を行う医療機関を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

ダイオードレーザー

 

ダイオードレーザーの特徴は他の脱毛器と比較して痛みが少ないという点があります。
また、ある程度のうぶ毛まで対応可能というのもメリットでしょう。

 

また肌の負担が少ないというのも特徴です。
アレキサンドライトレーザーと比較すると処理範囲が狭いため
施術に時間が掛かるというデメリットがあります。

 

 

 

アレキサンドライトレーザー

 

アレキサンドライトレーザーはダイオードレーザーより痛みを伴います。
ですが、施術範囲が広いため施術時間は短いというのが特徴です。
また、美肌効果も期待出来るため脱毛と一緒に美肌効果を期待している人向けの脱毛機です。

 

 

ロングパルスヤグレーザー

 

ロングパルスヤグレーザーは肌の色を選ばないで脱毛出来るというメリットがあります。
日焼けした人などに対応出来るというメリットがあります。
光が他の機械よりも奥まで届くため男性のヒゲに最適な種類です。

 

デメリットとしてはダイオードレーザーよりも痛く、
効果の持続性も短いという点が上げられます。

 

 

 

レーザー脱毛と光脱毛の施術間隔について

 

レーザー脱毛を効率よく行うためには毛周期が重要です。
一度レーザー脱毛を行うと「退行期」、「休止期」の毛が
また成長期になるのを待ってから次の施術日を行います。

 

また、一度施術すると肌にもダメージがあるため
それを休ませるためには2ヶ月〜3ヶ月の間を置かなければなりません。

 

 

 

永久脱毛の種類・・・レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類がある。

 

永久脱毛には「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類あります。
ニードル脱毛とは毛穴に針を刺し込んで毛根を焼き切るという脱毛方法で、
一昔前は盛んに行われていた脱毛方法です。

 

しかし、毛穴を一個一個を処理していくため、膨大な時間と費用がかかります。

 

また、強烈な痛みを伴う脱毛方法なのであまり主流ではありません。

 

レーザー脱毛は元気な細胞を破壊する行為ですので個人差はあれど
「痛みを伴う」行為であることに間違えありません。

 

様々なサイトで痛みが少ないといったような表現がなされていますが
それは従来の「針脱毛(ニードル脱毛)」と比較しているからという理由です。

 

レーザー脱毛では針を使用せず光で代用しますので針と比較すると
当然痛みは軽減されますが、無痛というワケには行きません。

 

特に女性のVIOラインなど敏感な部分は特に痛みますので
無痛で脱毛出来るとお考えの方は気をつけてくださいね。

 

 

永久脱毛の実態・・・

 

永久脱毛と聞くと二度とムダ毛が生えてこないと思っている人が多いです。

 

ですが、永久脱毛の定義は「最終脱毛から1か月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」とされています。
逆に言えば20%は生えてくる可能性があっても永久脱毛と呼ぶことが出来るんです。

 

 

この永久脱毛の定義は「米国電気脱毛協会」で定められたものです。

 

そのため、この定義の20%以内の場合は永久脱毛と呼ぶことが出来るため
医療脱毛と脱毛サロンは同列のようにみなされていますが、効果が高いのは医療脱毛です。