MENU

脱毛方法のメリットとデメリットについて

脱毛するときに、どんな方法や種類があるのか知っていますか?
たくさんある脱毛法を詳しく知っている方などほとんどいません。
ましてや、『どれがいちばん自分に合っているのか』など分からないことも多いですよね。

 

今では、いろいろな脱毛(減毛)方法が家庭で簡単にできたり、
比較的安い設定で脱毛サロンに通えたりと、選択の幅が広がっているようです。

 

このページでは、自分に合った脱毛方法を探すために知るべき脱毛の種類や特徴、
メリット・デメリットなどを肌らぶ編集部からご紹介していきます。

 

 

脱毛の種類について・・・脱毛方法の違いを解説します

 

脱毛には、レーザー脱毛(医療機関の永久脱毛)、光脱毛(フラッシュ脱毛)、
ニードル脱毛(電気脱毛)、家庭用脱毛器、除毛クリーム、ワックス脱毛、カミソリ、
毛抜きなど、様々な脱毛の方法があります。

 

仕上がりを優先するかスピードを優先するかとか
何を優先するのかで、選ぶ脱毛方法は違ってきます。

 

・極力金額が安い脱毛がいい
・できる限り痛みのない脱毛
・ワキを脱毛優先したい
・面倒だから自宅で気軽に脱毛したい

 

など 自分のニーズを重視してどんな脱毛をしたいのかを確認し、
優先したい事を整理してみましょう。

 

 

それぞれの脱毛方法と注意点

 

光脱毛・フラッシュ脱毛・・・IPLやSSC脱毛について

 

光脱毛・フラッシュ脱毛は、主に脱毛サロンで格安でできる脱毛法で
厳密には脱毛ではなく除毛・減毛を目的に、サロンで行なわれる脱毛(減毛)方法です。

 

医療機関のレーザー脱毛と基本的には同じ仕組みで、
レーザーより弱い出力の光で処置します。

 

光脱毛は光が黒色(メラニン色素)に反応して脱毛(減毛)する仕組みで、
レーザーやニードルなどに比べ痛みが弱いとされています。

 

ただし、産毛や白髪など色素の薄い毛などの場合は、効果が弱いのが難点。
また、日焼け後の黒い肌に過剰に反応し痛みを感じたりするので日焼け後の肌にはNGです。

 

 

レーザー脱毛・・・医師により医療機関で脱毛する方法です。

 

レーザー脱毛は、黒色・茶色に反応するレーザーという強い光を毛根に照射する脱毛方法です。
医療機関での施術となり、光脱毛より痛みが強いので希望すれば麻酔してくれる場合もあります。

 

光脱毛より効果が高いので、背中やヒザ下など、広範囲の脱毛処理を短時間で済ませることができるとされています。
また、光脱毛同様に日焼け後の黒い肌に過剰に反応し痛みが強く出るので日焼け後の肌にはNGです。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)・・・本当の意味での『永久脱毛』はニードルだけ。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)は、専用の針(ニードル)を使い、毛根に直接電気を流し焼いてしまう脱毛方法です。
施術前に自己処理はせず、伸びた毛の状態で施術を行います。
直接毛根を焼いてしまうので強い痛みがある脱毛方法です。

 

乳輪などのもともと毛が少ない部分の脱毛にも適していると言われています。
ニードル脱毛では、流す電気の強さや長さを素早くコントロールしながら、1本1本処理します。

 

家庭用脱毛器・・・家庭で簡単に脱毛(※厳密には減毛もしくは除毛)する方法です。

 

フラッシュ式(光脱毛)やサーミコン式(熱で毛にアプローチするタイプ)、
等が一般に販売されています。

 

家庭用脱毛器家庭用脱毛器は、皮膚を温めながら毛を抜くなどの工夫をして
自宅で自分自身で脱毛(減毛・除毛)する脱毛方法です。
自分の都合の良い時に簡単に済ませたい方にお勧め。
家庭用ということで、サロンやクリニックで受ける脱毛よりは効果が期待できませんが
わざわざサロンに出向きたくない方にはお勧めですね。

 

除毛クリーム

 

除毛クリームは、肌の表面に見えている毛を溶かして取り除く脱毛方法です。

 

除毛クリームを処理したい部位に塗り、時間をおいてクリームを取り
洗い流す方法が基本的な手順だとされています。
毛根を痛めずに、脱毛できるのが魅力とされています。

 

 

ワックス脱毛・・・ワックスで一気にむしり取るブラジリアンワックス

 

ワックスワックス脱毛(除毛)は、脱毛専用で作られたワックスを温めて肌にぬり、
毛とワックスが接着する力を利用して、一気に毛をむしりとる方法です。

 

エステやサロンで施術してもらうのが主流ですが、個人でも行う事が可能です。
広範囲を一度に脱毛できるのが魅力ですが痛いです・・・。

 

カミソリ
電気シェーバーとT字やL字かみそりの大きく2つのカミソリがあります。
肌に沿って直接毛を剃っていく方法になります。
あくまでも毛並みに沿って剃りましょう。
毛並みに逆らって処理すると思わぬトラブルが生じる場合があります。

 

肌が弱い方には剃刀より電気シェーバーがおススメ。

 

電気シェーバーは、必要以上に肌に刃が当たらないように
肌にあたる面に工夫がされている場合もあります。
T字やL字かみそりを使う際は、肌との摩擦を減らすために、
シェービングクリームを併用するとよいでしょう。

 

剃り方を調整しやすく、リーズナブルに済ませられるのが魅力です。

 

 

毛抜き

 

毛を一本一本抜いていく脱毛(減毛・除毛)方法です。
なじみのある方が多いのではないでしょうか。

 

主に、毛の本数が少ない脇や顔または目立つ数本の毛に対して行う方法です。
細かな部分を集中的に処理したいときに便利でしょう。

 

毛抜き後にはきちんと肌の保湿をするように心がけましょう。

 

毛のタイプや肌質も、人それぞれ違います。
体を守る為に生えてくる毛で、恥ずかしい思いや余計なストレスを抱えないように、
自分に合った脱毛の種類を見極めて、ストレスのない方法を続けていく事が大切です。

 

 

「脱毛」について
脱毛器おすすめ本来「脱毛」という施術ができるのは、
美容皮膚科やクリニックなどのみとされています。

 

そのような医療機関で行われる施術方法はレーザー脱毛が一般的です。
医療機関でしかできない「レーザー脱毛」は、
レーザーの光を利用して毛の元を処理することで脱毛するという手法を用いています。

 

永久脱毛(長期間にわたって毛を目立たなくすること)を目指すことができるのも、
脱毛クリニックならではの魅力です。
※医療機関での自由診療の場合、保険は適用されません。