MENU

家庭用脱毛器について

 

家庭用脱毛器をしたいけど、商品が多すぎて決めきれない!
そもそも家庭用脱毛器って自分に合っているのかな?

 

そんな方に向けてこのページでは家庭用脱毛器を解説します。

 

そもそも、家庭用脱毛器で悩んだ場合は、
自分のニーズを明確にしたほうがよいです。

 

そのうえで家庭用脱毛器の特徴を調べると何が自分のニーズに合っているのか
どの機種のどの機能が優れているのかが明確になり、選びやすくなるでしょう。

 

大切なことは「自分は家庭用脱毛器に何をいちばんいちばん求めているか」を
しっかり確認しながら、チェックしてみることです。

 

家庭用脱毛器の特徴と機能について

 

家庭用脱毛器で脱毛を行うことは厳密にいうと「減毛」であり、
医療機関で受ける施術とは基本的に異なります。

 

しかし、家庭用脱毛器でも、お手入れを重ねることで、
毛を目立ちにくくしていくことはきます。

 

さらに、費用的にもクリニックや脱毛サロンにかかる費用とは
比較にならないくらい安く抑えられるのもメリットです。

 

自宅で自分の好きなときに手軽にお手入れしやすい
などといった点もメリットといえるでしょう。

 

いろいろな面を考えて、自分にとって最適な脱毛方法を選んでみてください。

 

 

家庭用脱毛器のニーズにあっている人とは

 

@いつでも自分の好きなときにお手入れしたい方

 

家庭用脱毛器は、まず何と言っても自分のやりたいときに使えるという点が大きなメリットです。
忙しくてクリニックや脱毛サロンに行く時間がない方でも自宅でくつろいでいる時間に簡単に脱毛が出来ます。

 

A人に裸を見られたくない方

 

クリニックや脱毛サロンでの施術は基本的には他人に肌を見せなければなりません。
脱毛サロンの場合は施術をするエステシャンは女性ですが、
クリニックなどの医療機関の場合、男性の場合もあります。

 

特に、アンダーヘアなどの部分に関しては、他人に見せたくはない方も多いはず。
部位によって家庭用脱毛器を活用するという使い方もいいかもしれませんね。
「人前で肌を露出したくない」「自宅でこっそりお手入れしたい」という方にはおすすめです。

 

 

3.家庭用脱毛器を使うときのポイント

 

 

@説明書を読む
家庭用脱毛器は、商品により使い方などが異なることがあります。
初めて脱毛器を使用する際は、必ず取扱説明書に目を通してから使用するようにしましょう。

 

たとえ他の商品を使用したことがあり、取扱いに慣れていたとしても、
初めて使う場合は、取扱説明書に目を通しましょう。

 

A紫外線対策をきちんとする

 

特にフラッシュ式の脱毛器の場合、紫外線による影響は注意が必要です。
これはレーザー脱毛や光脱毛などでも言える事ですが、
日焼け後の肌は、レーザー脱毛や光脱毛などの光がメラニンに過剰反応する場合があり
強い痛みを感じたり、肌トラブルの原因になる場合があります。

 

 

脱毛のお手入れをする前後は、極力肌を焼かないように、紫外線対策をきちんとしましょう。

 

B処理後のアフターケアを怠らない

 

脱毛器おすすめ処理後は、必ずアフターケアを行いましょう。
まずは肌に保冷剤・冷えたタオルなどをあてて15分ほど冷やし、そのあと保湿をします。

 

保湿アイテムなどは、家庭用脱毛器とセットで保管しておくなどすると忘れにくくなるかもしれません。

 

C地道にコツコツ続ける

 

家庭用脱毛器を使ったからといって、もともと出力は弱いので
業務用の機器のように、すぐに肌がつるつるになるわけではありません。
商品ごとの使用目安頻度に従い、気長にお手入れしていきましょう。

 

何事も焦りは禁物ということを肝に銘じておくことが大切と言えそうです。
D部位によっては他人に協力を仰ぐ

 

背中などは、手が届きにくく自分だけでお手入れするのが大変な部位です。
照射がムラになってしまうこともありますので、場合によっては
家族や友達の力を借りるなどして工夫するとよいでしょう。

 

また、そのような部位だけは脱毛クリニックや脱毛サロンなどで施術を受けるのもおススメです。

 

 

 

ケノン
ケノン
価格:69,990円(税込)
脱毛(減毛)方法:フラッシュ照射
照射回数:約20万回LV1使用時)
1回の照射面積:横3.7cm×縦2.5cm(エクストララージカートリッジ使用時)
出力調整:10段階

 

コンセント式で使いやすい、家庭用脱毛器です。カラーはシャインピンク・パールホワイト・シャンパンゴールド・ブラックから選ぶことができます。

 

照射レベルが10段階あるので、部位や肌の状態に合わせてレベルを細かく調整しやすいのも魅力です。
部位や肌状態によっては低めのレベルからスタートするとよいでしょう。

 

カートリッジを交換すれば美顔器として活用することもできます。
ひとつで2通りの使い方ができるのは、お得感があってうれしいですね。
公式HPはこちら(オレンジ)