朝食に新鮮な果物を

一日の食事のとり方として「朝はたつぷり、昼はそれなりに、夜は少なくが理想」とよくいわれます。

 

酵素力アップのため私はまったく逆のことをおすすめします。
「朝は軽くなるべく消化に負担のかからないもの 、昼ははそれなりに、夕食はタンパク質 を中心にしっかり食べる」
これが基本です。

 

太陽が昇ると同時に目覚め、畑で汗を流して働き、一仕事終えてから、ゆつくり朝食をとる。
朝食のあとはのんびり休む。こんなライフスタイルなら、それこそ朝食はたっぶり、
しっかりとったほうがいいかもしれません。

 

でも、学校や会社に行くぎりぎりまで寝ていて 、飛び起きてすぐ、ご飯、味噌汁、おかず、
あるいはパンに牛乳などをほとんど噛まない状態でかっ込んで、
バスや電車に無び乗って出かけていく。

 

体内、とくに消化器官では活動開始の準備が整う前から無謀な労働を強いられ、大変な負担がかかります。 
一日の本格的な活動開始前から体は疲れ果ててしまいます。

 

 

あなたが考えている以上に 、消化活動は体にとって重労働。

 

食物が口からとり込まれ、体内に吸収されるまでには多くの酵素の働きが必要です。
酵素をつくる材料であるタンパク質、それぞれの酵素を働かせるために必要なビタミン・ミネラル
酵素をつくったり働かせたりするためのエネルギーなどが多量に消耗されることになります。

 

これらは、これからの一日の活動に必要なものばかり。
朝から無駄づかいしてしまったら、体は少ない栄養素で一日やりくりしなければならず、
健康上デメリットばかり。

 

午前四時から正午までは体の浄化の時間帯とされます。
朝は体の浄化を進めつつ 、 体に負担をかけずにすぐにエネルギー源となるものを補給することが大切です。

 

そんな役割を果たすのに最適なのは新鮮な果物をジュースにしたもの 。
食物酵素たっぶり、消化に一切負担がかかりません。

 

また、果物に含まれる糖分が体に負担なく速効性エネルギー源となってくれるので、
活力いっぱいで一日のスタートを切ることがで きます。

 

市販のフルーツジュースには 食物酵素はなく、太りますので、必ず自分で作って飲むこと。
面倒ならば、新鮮な果物をそのまま食べましょう。
カロリーを気にするこ となく、何を選んでもかまいません。

 

1種類でも2〜3種類組み合わせてもOK。
ゆっくり、よく噛んで食べることを忘れずに。