発酵食品を上手に使う

テレビの健康番組では「発酵食品こそ健康の源」みたいなとり上げ方をされているこ と がよくあります。

 

発酵食品とは、酵素の作用によって事前消化されている食品のこと。
普通は 、酵素豊富な食物を口にした場合、胃に入ってからその食物のもつ酵素が自分自身を消化し始めます 。
発酵食品の場合は、口に入れる前にある程度分解されているため、
消化にそれほど負担がかからず、自分の消化酵素の無駄づかいを防ぐことができる貴重な食品といえます。

 

日本の発酵食品の代表格はなんといっても納豆ですが、
若い人にとってはヨーグルトのほうが身近で親しみやすいでしょう 。

 

ヨーグルトは牛乳を乳酸発酵させ たもので、 消 化しやすく、
牛乳が苦手な人でも食べられます。

 

事前消化の働きで乳糖が分解されているため 、トラブルを起こす可能性が少ないのです。
また、発酵によって生まれた活性物質が体内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、
悪玉菌を抑えるという効果があります。

 

腸内の良好な菌バランスは、健康維持はもちろん、スリムなナイスボディ維持にも不可欠です。

 

市販されているヨーグルトのなかには 、ゼラチンや糖分、その他の添加物を加えたものも多く出回っています。
ラベルを必ず確認し、原材料が「生乳」だけのものを選ぶようにしてください。

 

 

チーズも現在ではごく一般的に食べられている発酵食品。

 

生乳には50種類程度の酵素が含まれていますが、
殺菌過程ですべて破壊されてしまいます。
ところが、チーズをつくる過程において酵素が再度増えます。
ロックフォルト、ゴルゴンゾーラ、スティルトンのようなブルーチーズなど、
強いにおいのあるチーズほど酵素活性も高いのです。

 

日本ではこうしたクセのあるものはあまり出回っていなくて、
チーズといえば、加工されたプロセスチーズが一般的です。

 

でもこれには塩分が多く、添加物も加えられ、酵素や菌の作用もないので、
発酵食品の栄養価値はまっ たくなしとい わざるをえません。
どうしても食べ たい場合はラクターゼ、アミラーゼおよびリパー ゼの含まれる酵素サプリを
一 緒にとるようにしてください 。