ナッツ類や種子類には酵素抑制物質が

ナッツ類や種子類には酵素抑制物質が

 

 

木の実、種子類には酵素も多く、非常に良質なタンパク質と脂肪が含まれていますが、
同時に酵素の働きを抑え込む抑制物質も一緒に存在しています。

 

いくら生食がいいとはいっても、おいしいナッツ類、
種子類、豆類などは、抑制物質を壊してから食べないと、
健康に悪影響をもたらすことになりかねません。

 

これらの抑制物質は熱を加えることで壊れますが、
同時にそこに含まれている豊富な酵素も壊れてしまいます。

 

こうしたことから、ローフードダイエットでは、スプラウティングといって、
自分で発芽させて食べる方法を用います。

 

おなじみの、貝割れ大根はまさにスプラウト(発芽)した野菜です。

 

最近では、ブロッコリースプラウトをはじめ、いろいろな種 類のものが出回っています。
種子類、豆類、ナッツ類などは発芽させることにより、酵素の作用とともに 栄養価がグーンとアッ プします。

 

日本ではスプラウト野菜はスーパーなどで売られていますが、
本来は、種子類や穀物類などを家庭でスプラウトして食べるのが基本です。

 

発芽が始まると、分解酵素が増え、大事にしまい込まれているタンパク質は、
アミノ酸やペプチド(アミノ酸2個以上が結合した化合物)にどんどん分解されていきます。

 

実際、発芽中には、酵素活性が何倍にもなるのです。
麦の場合、タンパク質分解酵素活性は発芽させない状態と比べ15倍にもなります。

 

また、食材に含まれるビタミン・ミネラルも増え、体内に吸収されやすくなります。

 

ナッツ類でも、種子類でも、豆でも、スプラウティングできない場合は、
熱を加えて阻害物質を壊してから食べるようにしてください 。

 

これらの食材にはほかの貴重な栄養素も豊富なので、たとえ酵素は壊れても、
食べ合わせにはうまく利用したいものです。