アルコールと酵素

ポリフェノールが多く含まれている赤ワインを1日グラス1〜2杯程度なら、血流の改善、代謝の促進
ストレスの解消などに 効果があり 、飲んでかまいません。

 

でも、それ以上の量になると事態は一変。
体内の酵素の働きに破壊的な影響をおよぼすことになりかねません。

 

アルコールと酵素

 

アルコ ールの過剰摂取は重要な栄養素の消化吸収を妨げま 。

 

とくに数百種類の酵素の働きにかかわるビタミンB群、
ビタミンA・C・D・E・K、マグネシウム、カ ルシウム、リン、亜鉛、鉄分などの吸収低下により、  
エネルギーづくりをはじめ、多くの代謝に問題が発生します。

 

アルコールは腸内で発酵し、亜鉛、クロム、インシュリンなどの不適切な代謝も促進してしまいます。

 

 

アルコールは血液中に吸収されたあと、肝臓においていくつかの酵素によリ
アセトアルデヒドになり、その後アセテートに、さらに、二酸化炭素と水に代謝されます。

 

アセトアルデヒドはとくに脳と心臓にとって強烈な毒物。
ビタミンB群不足を発生させ、エネルギー代謝や正常な脳の働きを阻害し、
また、局所ホルモンの生産にかか わる酵素の 働きも悪くします。

 

アルコールに対して働きかける酵素はいくつかの形で存在し人によって、
あるいは遺伝的要素によって、それぞれ異なったスピードでアルコールおよびアセトアルデヒドに働きかけます。
アルコールに強い人、 弱い人がいるのは、これら酵素活性の違いによるもの。

 

アルコールおよびアセトアルデヒドによって多くの酵素、
とくにトリプシンとキモトリプシンが阻害されます。

 

これらの酵素はたんぱく質をアミノ酸にまで分解し吸収させるために働きます。

 

アルコール濃度が高いほど、タンパク質分解に悪影響を及ぼすことになります。