AGAの薬物治療には『ミノキシジルとフィナステロイド』を使います。

AGAの薬物治療には『ミノキシジルとフィナステロイド』を使います。

 

発毛のメカニズムが解明されるとともに、脚光を浴びだしたのが育毛剤です。
アメリカで開発されたミノキシジル・フィナステロイドなどです。

 

ミノキシジル・・・アメリカではロゲイン、日本ではリアップという商品名。
フィナステロイド・・・プロペシア・フィンペシアという商品名。

ミノキシジル

 

アメリカのアップジョン社が開発した育毛成分。
もともと血管を拡張して血圧を下げる作用があることから、
降圧剤として使用されていました。

 

しかし、その後の研究で頭皮全体の血行が良くなって毛包への栄養補給がスムーズになり、
その結果、発毛が促進される男性ホルモンの変換酵素であるU型5αリダクターゼに作用して
脱毛を防ぐと同時に毛母細胞を活性化させるといった効果がある事がわかっています。

 

また、ミノキシジルの分子構造には一酸化窒素が含まれていることからも、
フリーラジカルとしての一酸化窒素と似たような働きをするのではないかと考えられ、
休止期に入った毛包を成長期へ移行させる作用があると言われています。

 

さらに縮小した毛包を増大させて太い毛を伸ばすなど、発毛に関する効果が科学的に証明されています。
発毛に対して効果のない物質、すなわち偽薬を使ったグループと
ミノキシジルを使ったグループに分けて結果を比較する実験方法で
被験者には偽薬なのかミノキシジルなのかわからないようにして行う二重盲験法の結果が評価され
1988年に米国食品医薬品局(FDA)の承認を得て発毛剤として大ヒットしました。

 

・フリーラジカルとは
自由に動き回る電子を持った分子のことで、自分に合った分子を見つけると
即座に反応し、様々な作用をもたらします。
例えば、血管の内皮細胞から産生される一酸化窒素(NO)がフリーラジカルになると
休止期に入ったものを成長期に移行させる役割をします。

 

また、酸素が変化してできる活性酸素もフリーラジカルのひとつで
糖質や脂質、アミノ酸など、体の各器官を構成する分子を酸化させ悪影響をもたらします。
成長期にあるものを休止期に移行させてしまうスイッチの役割をします。

 

 

フィナステロイド

 

フィナステロイドはU型5αリダクターゼ酵素を抑制し、テストステロン(男性ホルモン)が
ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを防ぎます。

 

毛根へ悪影響を及ぼし脱毛を促進させるDHTが過剰につくられないので
脱毛の予防になるのです。
フィナステロイドは1997年に男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてFDAの承認を得ています。

 

U型5αリダクターゼ酵素とは
男性ホルモン(テストステロン)はU型5αリダクターゼ酵素の働きかけでDHTという
活性型男性ホルモンに変換されます。

 

DHTは男性ホルモンの約5倍も作用が強力で、これが脱毛に深く関係していると言われています。

 

 

 

※自毛植毛の種類について・・・切らない手術(FUE法)と切る手術(FUT法)の2種類があります。
このサイトでは一般的な施術法である『切らない手術(FUE法)』の料金を案内しています。

AGAの薬物治療には『ミノキシジルとフィナステロイド』を使います。

 

海外の自毛植毛について
料金プランの安さだけを追求するなら韓国の「グローバルへアー」や
「Moten自毛植毛医院」などのクリニックも選択肢の1つです。
日本と比べると1本当たりの植毛費用が比較的安いので、質よりも量?という方は検討してみてください。

 

しかし、1,000グラフトあたりの料金は韓国でも60万円程度となっており、TOMクリニックと同程度。
渡航費用を含めればTOMクリニックの方が安くなるでしょう。

 

海外の自毛植毛のデメリット

 

「アフターケアを受けにくい」
「往復するのに時間がかかる」
「いざという時に言葉が通じない」というデメリットは大いとおもいます。

 

基本的には、日本国内で自毛植毛を受けられるクリニックを探すことを強くおすすめします。

 

 

画像はアイランドタワークリニック公式ページより転載

 

AGAのハミルトン・ノーウッド分類とは
ハミルトン・ノーウッド分類とは、AGAの症例をアメリカの医師ハミルトンが作ったパターン別の分類を、
医師ノーウッドが改定した分類法です。
AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型まで、薄毛の進行度合いによって分類したものです。
進行パターンとして生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に大きく区分され、
現在も薄毛の進行度合いの目安として用いられています。
T型
額の生え際から薄毛が始まり、M字型に生え際のラインが後退して行くいわば初期症状です
U型
T型が進行し、M字型に後退した生え際の切れ込みがやや深くなった状態です
U Vertex型
U型から頭頂部のO 型薄毛を併発し、生え際と頭頂部で同時に薄毛が見られる状態です(※上記の表では省略しております)
V型
T型からU型へ、そこからさらに症状が進行し、生え際のM字型ラインがより一層後退するとともに前頭部でボリュームが減ります
V Vertex型
V型から頭頂部のO型薄毛が同時に始まり、額、頭頂部、双方で薄毛が見られる状態です
W型
M字型薄毛の進行したV型からさらに生え際のラインが後退し、頭頂部のO型薄毛が同時に現れます
X型
W型がさらに進行し、生え際のラインはもはや額より頭頂部近くに後退します。また、頭頂部のO型薄毛も明らかに範囲を広めている状態です
Y型
生え際とO型の薄毛ゾーンが境界を無くして合体し、頭頂部から前頭部まで広範囲に発毛が見られなくなります。側頭部及び後頭部のみ発毛が残った状態です
Z型
Y型が進み側頭部の発毛も徐々になくなって、後頭部も上部はほぼ発毛が無くなった状態です

トップへ戻る