男性ホルモンだけが薄毛の原因ではないAGAメカニズム

 

 

男性ホルモンだけが薄毛の原因ではないAGAメカニズム

 

AGAの発症は『遺伝子的背景』と『男性ホルモン』が関係しています。
ちなみに、女性にも男性ホルモンが存在しているので、女性もAGAと無縁ではありません。

 

一般的に、薄毛というと『男性ホルモン』の影響であると言われ、
男性ホルモンが悪者のように思われがちです

 

しかし本当は、男性ホルモン自体が薄毛を引き起こすわけではありません。

 

毛包の中にはU型5αリダクターゼという酵素が存在します。
一方、血管の血中にはテストストロンという男性ホルモンが循環しています。

 

この2つが毛乳頭部分で出会い結びつくと『DHT』という成分が生成されます。
さらにこのDHTがアンドロゲン(男性ホルモン)のレセプター(受容体)と結びつくと
様々な遺伝子群に作用を及ぼします。

 

DHTが男性ホルモンのレセプターと結合することで作用を及ぼす遺伝子は、
例えば毛髪り成長を抑制するTGFβ-1や脱毛遺伝子に指令を出すFGF-5。
こうした、薄毛には好ましくない役割を持つ遺伝子が働くことによって脱毛が起こるのです。

 

つまり、簡単に言えば、U型5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合すると生まれる
DHTこそが脱毛の元凶となる原因物質。

 

男性ホルモン自体が悪いのではなく、悪さをするのはDHTなのです。
実際AGAの脱毛部分には高濃度のDHTが存在することがわかっています。

 

薄毛の運命を変えるのは男性ホルモンの『レセプター』

 

『父親もはげていたから』『うちは代々薄毛だから』
といった理由で、自分も遺伝なので薄毛になりそうで怖い・・・
このように思っている人も多いようです。

 

つまり、薄毛の原因が単純に『遺伝』であるという考えが世間に広まっているように思います。

 

確かに遺伝的背景もありますが、AGAでは男性ホルモンののレセプター遺伝子が発現しているかどうかが
脱毛の運命を決める大切な要因なのです。

 

AGAはU型5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことが脱毛の第一歩になります。
しかしこの2が結合したからと言ってすべての人が薄毛になるわけではありません。
男性ホルモンのテストステロンを受容するレセプターがあるかないかが分かれ道となります。

 

このレセプターがあれば脱毛し薄毛になってしまうのです。
逆に、このレセプターが無ければ影響を受けることはありません。

 

このレセプターが有るか無いか。それこそが遺伝子です。
両親からの遺伝子で、このレセプターを受け継いでいるか、
あるならば薄毛になりやすく、なければ薄毛になりにくくなるのです。

トップへ戻る