日本男子の3割はAGAになる

 

日本男子の3割はAGAになる

 

一般的な薄毛の原因として最も多いのが日本男子の3割を悩ませるAGA(男性型脱毛症)です。
日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%

 

20代で約10%・30代で20%・40代で30%・50代以降で40数パーセントと
年齢とともに割合が増えてゆきます。

 

症状としては、額の生え際や頭頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなり、
進行すると額の生え際が後退して、頭頂部の頭髪が薄く、
やがて抜け落ちてしまう現象が起こります。

 

額の生え際から後退するタイプと、頭頂部から薄くなるタイプがあり、
さらに、両方混在するタイプもあるなどAGAの進行するタイプは様々なパターンがあります。

 

細胞レベルの現象としては、毛周期を繰り返す中で
成長期が短くなり、休止期にとどまってしまう毛包が多くなるものと言えます。

 

通常は5〜7年であるべき成長期が短縮することで硬毛が軟毛化し、
さらに毛包が小さくなるミニチュア化が起こります。
そのため髪の毛が太く育たないうちに抜け落ちてしまいます。

 

また、生えていたとしても十分に育たない細く短い毛ばかりだと
全体的に薄毛に見えてしまうのです。

トップへ戻る